e-mail

〈日本−在日−韓国〉ユースフォーラム・ジャパン
定款

第1章 総則

第1条(名称)

本会は、「〈日本―在日―韓国〉ユースフォーラム・ジャパン(略称:YFJapan)」と称する。

第2条(目的)

本会は、市民活動(NGO・NPO活動)に関心を持つ日本・在日コリアン・韓国の青年が出会い、交流し、討論することを通して、日韓両国の市民社会の発展と東北アジアの平和実現に寄与することを目的とする。

第3条(事業)

本会は、第2条の目的を達成するために、必要に応じて韓国委員会と協議・協力しながら、次の活動と事業を展開する。

(1) 毎年1回の定例フォーラムの開催
(2) 人権・平和・文化・歴史などに関連した学習および活動
(3) 日韓の市民活動(NGO・NPO)間の交流・協力の増進活動
(4) その他本会の目的に符合する事業

第4条(事務所所在地)

本会は、事務所を大阪市中央区玉造1-13-1-3Fに置く。

第2章 会員

第5条(構成)

本会は、〈日本−在日−韓国〉ユースフォーラムの日本側の組織であり、本会に加入した会員によって構成され、自発的な参加で運営される。

第6条(会員種別)

会員は次の2種類とし、正会員をもって本会の会員とする。

(1) 正会員:本会の目的に賛同する青年個人。
(2) 賛助会員(サポーター):本会の目的に賛同する団体・企業・個人で、正会員以外のもの。

第7条(その他)

その他の会員に関する事柄については、別途会員規約で規定する。

第3章 組織

第8条(YFJapan)

(1) YFJapanは、関東委員会と関西委員会で構成される。
(2) YFJapanは、韓国委員会と必要に応じて協議を行う。
(3) YFJapanは、年に1回関東と関西において会員の集いを開催する。
        

第9条(関東委員会、関西委員会)

(1) 関東・関西両委員会は、会員で構成される。
(2) 関東・関西両委員会は、事業計画、収支予算の作成および本会の運営に関するその他の必要な事項を議決する。

第10条(共同代表)

(1) 共同代表は、計2名以上で構成され、本会を代表する。
(2) 共同代表は、年1回の関東・関西両委員会の承認によって決定する。
(3) 共同代表は、必要に応じて、関東・関西合同会議を開催する。

第11条(事務局長)

(1) 事務局長は、関東委員会、関西委員会に各1名ずつ置く。
(2) 事務局長は、関東・関西それぞれの委員会の承認によって決定する。
(3) 事務局長は、関東・関西での委員会を主催する。

第4章 会計および事業年度

第12条(会計)

本会は、会員からの会費、寄付金およびその他の収入によって運営する。

第13条(事業年度)

本会の事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年の3月31日に終わる。

第5章 付則

1) 本定款は、関東・関西両委員会で承認され次第、効力を発揮する。
2) 本会の設立当初の事業年度は、第13条の規定にかかわらず、この定款が施行された日から2004年3月31日までとする。
3) 本定款は、関東・関西いずれかの委員会で発議され、関東・関西両委員会で承認されれば改正することができる。

YFJapan会員制度の紹介 こちら
YFJapan会員規約 こちら
会員申込みフォーム こちら
Copyright(C) 2001, Youth-Forum Japan Committee, All rights reserved.