e-mail

各プログラムの紹介

開幕式

  行事概要

  内容

  • オープニング〈映像〉「敗戦/解放60年〜過去を見つめ未来を切り開く〜」
  • 開会のあいさつ
  • プログラム説明&諸注意
  • 文化発表、アイスブレイキングなど

フィールドワーク

  ※詳細は、YF2005フィールドワークのページをご参照下さい。


参加者全体交流プログラム

  行事概要

  • 日時:7/30(土) 17:30〜22:00
  • 場所:箕面市教学の森野外活動センター
    ※宿泊は建物とテントの2パターンに分かれます。

    【アクセス】
    1.阪急箕面駅から:タクシーで約10分、1000円程度
    2.北大阪急行千里中央駅から:阪急バスで新稲停留所下車、徒歩1.1Km
      または千里中央駅から直接タクシー約20分、2600円程度
    3.阪急池田駅から:阪急バスで東畑停留所下車、徒歩1.3Km

    ※午後10時以降は入れなくなりますので、御注意下さい。

  内容

  • (15:30〜 夕食の準備)
  • 17:30〜 夕食
  • 18:30〜 フィールドワーク報告会
  • 20:00〜 キャンプファイアー

日韓中青年シンポジウム「歴史の分かち合いと共有のために」

  行事概要

  • 日時:7/31(日)13:30〜17:00 (13:00開場)
  • 場所:大阪市立中央青年センター ホール
        (JR環状線森ノ宮駅下車 西へ徒歩10
         地下鉄長堀鶴見緑地線・中央線森ノ宮駅下車2号出口 西へ徒歩8
         地下鉄谷町線・中央線谷町四丁目駅下車10号出口 東へ徒歩8分
  • テーマ:『歴史の分かち合いと共有のために』
  • 参加費:1000円

  行事趣旨

戦後・解放60年、日韓条約締結40年の節目の年を迎えたが、日本とアジア諸国(韓国、北朝鮮、中国など)の間には、教科書問題や領土問題、靖国問題など をめぐり深刻な対立と葛藤が続いています。とりわけ7月は、教科書の採択が集中的に行われる時期であり、8月の終戦・解放の日も控えて、歴史をめぐる関心 や様々な動きが表面化されるでしょう。

歴 史をめぐり日本とアジアの「断絶」が深刻な今こそ、私たち日韓青年が直接出会い、この間の歴史をめぐる問題の本質を探りつつ、アジアの和解をどのように 作っていくのか、ということに対して内実ある対話をすることが必要です。日韓青年が現在の困難な問題を正しく認識し、「過去を見つめ、未来を切り開く」在 り方を体現できる行事にしたいと思います。

  スケジュール

時間 内容
13:00 開場
13:30 開会のあいさつ
13:45-14:45 基調講義
・講師:近藤孝弘さん(名古屋大学助教授)
14:45-15:15 質疑応答&会場からの意見表明
15:15-15:30 休憩
15:30-16:45 日韓中青年ディスカッション
・パネリスト発題
日本青年側発題:
韓国青年側発題:
中国青年側発題:
・講師コメント&会場からの質問・意見
16:45-16:50 ユースフォーラム アピール文発表
16:50-17:00 閉会のあいさつ


閉幕式

  行事概要

   内容

  • 文化発表
  • 日本・在日・韓国各々の参加者の感想発表
  • 交流会
Copyright(C) 2001, Youth-Forum Japan Committee, All rights reserved.