e-mail

関東企画 NPOセミナー&交流イベント

私たち〈日本−在日−韓国〉ユースフォーラム(以下、ユースフォーラム)は、日本・在日コリアン・韓国の20〜30代の青年で構成され、NGO・NPOや市民社会団体、それらに携わる人、または市民活動に関心のある個人が参加する「出会い・交流・対話の場」です。ユースフォーラムでは、国際的な活動を行うNPO・NGO間の出会いと情報・経験交流が重要であると考えており、この度それを具体化する取組みを関東において開きたいと考えています。


<以下、企画の概要>

【日時・場所】


9月15日 日曜日

東京麻布台セミナーハウス

(地下鉄日比谷線「神谷町」駅 1番出口 徒歩5分)
東京都港区麻布台1−11−5
TEL:03-3582-2922


【趣旨】

  1. 平和や人権、環境などNGO・NPOや市民運動が取り組む様々な分野(平和、人権、環境、etc)において、国境を越えた他国の人々との連帯活動・共同実践は非常に重要なものとなっています。ですが、実際に行っていく上では、言語による意思疎通、制度的・文化的な違いなどに対する理解をはじめ、単独で行動する時とは全く違った発想や能力が求められます。そこで得られた経験や思考方法は、活動する分野を問わず、とても貴重なものと言えます。
    そこで、他国の団体・個人とともに活動するNGO・NPOから、実際に行った共同実践を材料として、国境を越える連帯の可能性や今後の課題についてリアリティのある意見交換を行い、貴重な経験と情報の交流を行うことを目的とします。
  2. 関東圏で活動するNGOやNPOに集う20〜30代の青年たちが集まり親睦を深める機会とします。今まで知らなかった、あるいは自分と異なる分野の団体との関係形成のきっかけをつくったり、同世代間の実直な対話から刺激を得たりなど、今後の活動のための材料が提供できればと考えます。

【行事名称・主催】

《名称》

NGOセミナー&交流イベント『国境を越えた連帯活動から見えてくるもの』

《主催》

〈日本−在日−韓国〉ユースフォーラム・ジャパン 関東会議

※当日は、ユースフォーラム韓国委員会から2名参加します。


【プログラム】

<T部>セミナー

1)参加団体の紹介&自己紹介(30分)

  • 参加した各団体・個人の自己紹介を行ないます。

2)各団体からのプレゼンテーション(90分)

  • テーマは、「国境を越えた連帯活動から見えてくるもの」と考えています。趣旨の所でも述べましたが、平和、人権擁護、環境、女性、国際協力、etc…分野を問わず、他国のNGO、市民運動と実際に行った共同実践を材料として、国境を越える連帯による可能性や抱える課題について発表し、それに対して聞き手が質疑を行うことを通じて、互いに理解を深める形を取りたいと考えています。
  • 参加する団体全てが発表するのではなく、予め発表するをお願いした団体に行っていただきます。
  • 1団体につき発表時間を10分、それに対する個々の質疑応答を5分と考えています。

3)総合ディスカッション(30分)    

  • プレゼンテーションをふまえて、参加者全員によるディスカッション(「感想」から「提言」まで)を行います。

4)ユースフォーラム2002の紹介(15分)

  • セミナーの最後に、来る10月に開催予定のユースフォーラム2002の紹介を行います。韓国委員会からも話をしてもらう予定です。

◎休憩時間を含めて、計3時間と考えています。

 

<U部>交流会

セミナーと同会場で、飲食物を持ち込む形での交流会を開く予定です。何よりも親睦と交流を深められる時間にしたいと考えています。


【連絡先】

 〈日本−在日−韓国〉ユースフォーラム・ジャパン 関東会議
 E-mail :youth-forum@soc.or.jp
 担当者:孫明修(ソン・ミョンス)、岸 正行(キシ・マサユキ)、金朋央(キム・プンアン)
Copyright(C) 2001, Youth-Forum Japan Committee, All rights reserved.